安全な日食観察方法

安全な日食観察方法

太陽の観察は危険と隣り合わせであることは、すでにお話をしたとおりです。ここではどうすれば日食を安心して楽しく観察することができるのか、安全な日食観察の方法を紹介します。

奄美大島への旅
ギターのことはギター専門買取ライフ岡山がオススメ!!ギター 買取 岡山専門店ギター専門買取ライフ岡山で決まり!

安全な日食観察のポイント

肉眼で観察するにしても天体望遠鏡を使うにしても、日食を観察する際には三つのポイントがあります。当たり前のことばかりかもしれませんが、当たり前と思わずにお読みください。それでは順番に説明していきましょう。

(1)太陽光を減光
ポイント一つ目は、太陽の光を減光することです。太陽観察は危険の段落で解説したように、誤った減光方法で太陽観測を行うと、失明の危険すらあります。日食グラスや日食メガネを使用するなど、適切な減光方法で危険を減らし、目に負担がかからないようにしてください。
(2)太陽を見続けない
ポイント二つ目は、太陽を見続けないことです。太陽は想像以上に光と熱を発しています。どんなに安全な観察方法をとっても、太陽を見続けるのは目に良くありません。少し観測したら少し休む。これを繰り返すのがキホンです。
(3)観測機材を保護
ポイント三つ目は、観測機材を保護していただきたいということです。天体望遠鏡、双眼鏡、カメラなどを使って、肉眼よりも一歩高いレベルの観測をする方もおられるでしょう。長時間の日食観測によって太陽光を受け続けると、光や熱のために機材が破損したり損傷してしまうことがあります。一定時間ごとに望遠鏡やレンズの向きを太陽方向から変えるか、レンズキャップをつけるなどしましょう。暑い場所でカメラを使用する時は、ボディーを銀紙で覆うと直射日光に対する熱対策になります。このように、少しの心がけで機材を守ることができます。機材がないと観測や撮影ができなくなってしまいますし、高価なものが多いですから、気をつけたいものです。

ピンホールを使った日食観察

太陽像をピンホールと呼ばれる小さな穴を通すことによって、日食を安全に観察することができます。ピンホールとは針で開けたような小さな穴のことです。小さな穴を通すことによって、カメラのレンズを用いたように像を映し出すことができます。この原理はギリシャのアリストテレスが、木もれ日に映った日食中の太陽を観察して発見されました。ピンホールは簡単に作ることができますが、面倒だという方がおられるかもしれません。そんな方は自分の身のまわりでピンホールを見つけましょう。1mm前後の小さな穴が開いてさえすればよいので、探せば意外といろいろなものが見つかります。例えばビスケットに空いた穴や、麦わら帽子の穴などです。さあ、みなさんも身近なところでピンホールを探してみましょう。

ピンホールの準備

ピーンホールを作るのは簡単ですから、自分で作ってみたいという方がおられるかもしれません。そんな方はまず、光を通さない薄い板を用意します。ここへ小さな穴を開けるだけです。この穴を通った光を地面や壁に映し出すことで、太陽を安全に観察することができます。

アルミホイルを使う

自分でピンホールを作る場合、一番簡単な方法は、台所で使うアルミホイルを使うことです。アルミホイルは薄くて加工しやすいですから、小さな穴を開けるのは簡単です。何種類かの大きさの穴を開けて、どれが一番きれいに見えるか試してみてください。すぐに破れてしまうのが難点ですから、取り扱いには注意しましょう。

穴の大きさと焦点距離

開ける穴の大きさによって、最適な焦点距離が変わります。穴が小さいほど地面へ近づける必要があります。穴を大きく開けすぎると、ピンホールにならないので注意しましょう。穴は大きいほど明るく映りますが、焦点距離が長くなって像がぼやけます。逆に、穴が小さいほど焦点距離が短くなってハッキリ映りますが、像が暗くなります。日食当日になってあわてないように、穴の大きさを変えながら、前もって試しておかれた方が良いと思います。

天体望遠鏡を使って日食観測する

天体望遠鏡を使って日食観測する場合、一番安全な方法は太陽投影板に太陽像を映し出すことです。太陽投影板はその名のとおり、太陽像を板に投影して観察するための器具です。右に示した写真のようなもので、右側の白い色をした丸い板に太陽像を映し出します。

天体望遠鏡との組み合わせ

太陽投影板は屈折式の天体望遠鏡と組み合わせて使います。反射式やカタディオプトリック式の場合は、接眼部(ドロチューブ)の繰り出し距離が短いため、使えないことが多いようです。屈折式の場合でも最初から付属しているケースは少ないですから、別に購入する必要があります。日食が近づくと、メーカから「日食観測望遠鏡セット」といったセットものが出回ることがあります。この場合はたいてい太陽投影板が付属していますから、初めて購入される方にはオススメです。

太陽投影板のメリット

太陽投影板を使っての観測は、直接のぞいた場合と比べて像がぼやけてしまいますから、太陽の微細な構造を観測するのにはあまり向いていません。しかし、大きな黒点くらいなら簡単に確認することができますし、日食の欠け方を観察する程度なら十分でしょう。この方法は安全に太陽観察できるのが最大のメリットです。加えて大きな太陽像を使って多くの人が同時に観察できるというメリットもあります。近所の人を呼んで、ちょっとした日食観測会なんていうのはいかがでしょうか。

天体望遠鏡での観察時の注意点

注意事項が何点かありますので紹介しておきましょう。もちろん取り扱い説明書にしたがっていただくことが前提です。

(1)投影する太陽像の大きさ
投影する太陽像の大きさは、必ず天体望遠鏡の口径よりも大きくなるようにします。もし太陽像の大きさを口径よりも小さくすると、太陽光がその分だけ集められていることになります。つまり太陽光が強烈になりますし、熱せられて器具が破損したりヤケドを負ってしまうかもしれません。せっかく太陽投影板を使う意味がなくなりますので注意しましょう。
(2)対物キャップ
太陽観測用の対物キャップが付属している場合は、これを対物レンズの前面に装着してください。太陽の光を必要以上に集め過ぎるのを防ぎます。
(3)投影板を手でさわらない
太陽投影板を直接さわらないようにしてください。天体望遠鏡のレンズで集められた太陽光による熱で、ヤケドをするかもしれません。
(4)接眼部に注意
天体望遠鏡の接眼部に手を近づけたり肉眼でのぞいたりするのは絶対にやめてください。ヤケドをしたり失明する危険があります。特に、太陽が少しだけ投影板から外れるような場合、対物レンズで集められた太陽像が望遠鏡の内側から接眼部のドロチューブに当たっている可能性があります。この光は強烈なものですから、高温になって危険です。
(5)長時間観測しない
長い時間続けて観測しないようにしてください。少し時間がたったらいったん太陽を視野から外すか、対物レンズのキャップを完全に閉めるようにします。視野から外す場合は「接眼部に注意」のところで書いた理由から、大きく外すようにしてください。
(6)ファインダーをのぞかない
太陽を導入する際、絶対にファインダーをのぞかないでください。口径25mmの小さなファインダーでも、肉眼の100倍以上もの集光力があります。一瞬といえども肉眼で見ようものなら、目が焦げてしまうかもしれません。
(7)ファインダーのキャップ
太陽の導入が終わったらファインダーのキャップを閉めてください。太陽熱でレンズの接着部が溶けたり部品が変質するのを防ぎます。
レイヴ情報!