2012年5月20日の日食

2012年5月20日の日食

2012年5月20日の日食(観測地域により金環日食あるいは部分日食)は、中国南部、日本列島、太平洋、アメリカ合衆国西部などで、現地時間の2012年5月20日あるいは21日に観測されました。20日・21日と2日間にわたっているのは、食の経路が日付変更線をまたいだため、先にアジア地域で5月21日の朝(現地時間)に見られた後、北米地域で5月20日の夕方(現地時間)に見られた事によります。

奄美大島への旅

概要

次の周期に当たる2030年6月1日には食の経路は更に北上し、北海道を夕方近くに中心食が通る予定です。この金環日食は2012年のサロス番号128番で、984年に南極で部分食として始まり、徐々に北上して行ったものです。今回のサロスの3周期前に当たる1958年4月19日(日本時間)には2012年の場合より若干南を食の北限界線が通過したため、日本本土で金環食を見る事はできませんでしたが、南西諸島北部から伊豆諸島北部では、好天に恵まれて金環食が観測できた他、日本本土でも深い部分食が見られました。その後、サロス番号第128の金環日食は、1976年には中心食帯が大西洋からアフリカ北西部を経て地中海から南アジアに達し、1994年には北太平洋東部から北アメリカを通過して大西洋を横断、北アフリカ西端に中心食帯が達しました。

金環食

2012年5月の金環食では、21日の夜明け(現地時間)と共に半影が、スカンディナヴィア北部からユーラシア中部を通ってインドネシア付近にいたる広い範囲で地球に接し、擬本影(ぎほんえい)の中心線は中国とベトナムの国境からやや東に行った南シナ海沿岸沖で地球に届きました。その後、擬本影は中国の南シナ海沿岸に沿うように東進し、台湾北部をかすめて日本列島南部を通過、北太平洋を北上してアリューシャン列島中央部付近のすぐ南で子午線中心食となり、日付変更線を通過、5月20日に戻り、その後南寄りに進路を転じて北アメリカに達し、カリフォルニア州とオレゴン州の境界付近に上陸、ニューメキシコ州南西部で日没と共に終わりました。半影の前半は中心食に先行して北アメリカ大陸を東進しましたが、東海岸に達する前に日没となって地球を離れました。

日食の日本での見え方

この日食の日本での見え方をまとめてみました。金環日食が観測されたのは、東京(島嶼部を除く)では173年ぶり、大阪では282年ぶり、名古屋では932年ぶりとなりました。なお、日本国内において見られる次回の金環日食は北海道で2030年6月1日(土曜日)の夕方となります。当日は日本の広い範囲で曇りとなるとの天気予報が出ていましたが、東京では雲の合間から金環日食が観測されるなど、多くの地点で金環日食や部分日食が観測されました。この金環日食に伴い、日本では太陽観測用グラス(日食グラス)が爆発的に売れ、ビクセン製品は200万個を出荷、ケンコー・トキナー製品のキャラクター付きグラスは100万個を販売しました。皆既日食と違い、金環日食では強い光を放つ太陽の光球がじかに見えるため裸眼での観測はもちろん、煤でいぶしたガラスやサングラス等でも目に危険で、この金環日食を観察した人の中には目に異常を訴えるものも現われ、1000人ほどが眼科を受診し、その内の一部で目に異常が継続しています。日食網膜症に罹患した可能性も指摘されています。

金環食の動き

金環日食の中心食帯が日本列島の南側を通過し、九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方では金環日食の、中心食帯の外側の日本列島の全域では部分日食の観測可能域となりました。日本気象協会ではJWA10日間予報を用いて作成した日食当日の朝における日本各地の天気予報が分かる予想天気マップを5月11日より20日まで毎日公開しました。

2012年5月20日の日食の世界各地での見え方

2012年5月20日の日食の世界各地での見え方をまとめてみました。日本を含む世界各国での観測予測時刻などがNASAの「Eclipses」サイトにある「JavaScript Solar Eclipse Explorer」で算出可能です。例えば、今回の日食の場合、カナダのバンクーバー市(部分日食)では太平洋夏時間の2012年5月20日の16時58分41秒に始まり18時14分53秒に最大、アメリカ合衆国のロサンゼルス市(部分日食)では同17時24分59秒に始まり18時38分15秒に最大という予測がされていました。

2012年5月20日の日食のアジアでの見え方

2012年5月20日の日食のアジアでの見え方をまとめました。中国西部・東南アジアの大部分で日出帯食となり、中心食帯はマカオ・香港・アモイ・台北を通過して金環食が見られました。また、中国東部やシベリアなどでは日の出後に部分食となりました。

2012年5月20日の日食のアメリカ合衆国での見え方

2012年5月20日の日食のアメリカ合衆国での見え方をまとめました。アメリカ合衆国本土では、1994年5月10日以来となる金環日食で、かつ21世紀で最初の中心食でした。アメリカ合衆国本土における次の金環日食は、2023年10月14日になります。オレゴン州南部とカリフォルニア州北部からテキサス州東部にかけての地域では、夕刻に金環日食が観測可能でした。ユタ州では夕空の中で金環日食となり、食のまま太陽が沈みました。ニューメキシコ州のアルバカーキ市やロズウェル市などでも金環日食が観測されました。カリフォルニア州南部のロサンゼルス市、アリゾナ州フェニックス市、コロラド州デンバー市、アラスカ州などでは部分日食が観測されました。東海岸地域では、日食前に日没を迎えたため見られませんでした。

レイヴ情報!
1フロアにつき1会議室だからゆったり快適空間をご利用いただけます。横浜 貸会議室お客様の様々なニーズにお答えします。